フラワーギフト 花言葉 花の種類 中国の花屋さん 花と人

花の種類

お問合せはこちらから


花の種類は実にたくさんあります。日常、見かける花だけでもたくさんあるのではないでしょうか。昔ながらの日本の花もあり、品種改良された花もあり、その種類は何万とあります。

花の科
まずは○○科といった種類で見てみましょう。
アオイ科、キク科、アヤメ科、バラ科、ユリ科、ラン科など、他にもたくさんありますが、みなさんが知っていそうな科をあげてみました。簡単にいえば、花の形、花びらの開き方、葉の形などで分けられている様です。例えば、ユリ科の花には、ゆりの他にチューリップ、ヒヤシンス、カタクリ、アガパンサス、ニラなどがあります。花の開き方に特徴があるのではないでしょうか。ゆりととても似ている花びらを持つものもあります。もう一つ、キク科についても少しお話しします。キク科の花の特徴は葉と花びらにあり、一般の人でもわかりやすいかもしれません。菊の葉の様にギザギザした葉を持ち、小さな花びらが集まっている花は大抵キク科に属します。タンポポやマリーゴールド、ガーベラやコスモスやミヤコワスレなどがそれに属します。キク科はユリ科の様にわかりやすいかもしれませんね。

花の色
それでは今度は色別に花の種類を見てみましょう。花の色はとてもたくさん種類があるのをみなさんもご存知かと思います。赤、白、黄色〜♪と小さなころに歌っていた時はそんなに花の色ってなかった様な気がします。いまは品種改良で、種類も豊富ですが、色もまたたくさんの色がある様です。ニュースて七色チューリップ何ていうのも見たことがあります。
デルフィニウムという花がではじめた頃、わたしは花屋さんでアルバイトをしていて、いまでこそどこの花屋さんでも見られる様になりましたが、一つ一つが異なる青を見せるその美しさに魅了されたのを覚えています。その頃はまだ珍しく高価なものであったので、一本一本丈もあり、茎の太さもあり、実にきれいな花を咲かせていたのです。最近では種類も増えてきたし、小さめでお手頃価格なデルフィニウムがありますが、出始めの頃のデルフィニウムは本当に美しい色合いでした。
チューリップだって本当にたくさんの色が見られる様になりました。チューリップに関しては種類も多いですが色の多さにも驚きます。同じ赤だって、ピンクだって、濃淡があったりして、たくさんの色が見られます。朝顔だって、バラだって、花の色はこれからもどんどん増えてくるでしょう。どんな色でも花の持つ美しさは変わりませんが。
また、中には土の成分で花の色を変えるものもあります。みなさんがもっとおよく知っているのはあじさいでしょうか。あじさいも同じ木に咲きながらも微妙な違いを見せてステキですよね。
花の色は花の形とともに目から入る安らぎでもあります。

花の香
花の香は体をリラックスさせてくれる効果があるものもあります。好きな花の香で癒される人も多くいるでしょう。特徴のある香りを持つ花は香水に使われたり、料理に使われたり、お茶に使われたり、と様々な使い道があります。みなさんの身近にはどんな香りがありますか。
よく見かけるのがバラの香りのもの、ラベンダーの香りのもの、アロマオイルであったり、入浴剤であったり、化粧品であったりとどちらかというと女性に好まれている様です。
アロマオイルは人それぞれの相性がありますが、自分にあったアロマオイルをみつけることができれば、リラックスができたり、しっかりとした睡眠ができたりと体にプラスになります。

Valuable information

佐川急便
http://www.sagawa-exp.co.jp/

2015/3/11 更新