フラワーギフト 花言葉 花の種類 中国の花屋さん 花と人

花と人

お問合せはこちらから


花は人生の最後の別れの瞬間を彩るものでもあります。通夜や葬儀でもたくさんの花が飾られます。
花祭壇というのもあり、個人の好きな花で祭壇を組んだりするのですが、やさしい雰囲気がでるし、アレンジがきいて大変美しく、花祭壇は意外と人気がある様です。
トルコキキョウやデルフィニウムなどで紫色の祭壇をつくったり、カサブランカやかすみ草で白い祭壇、やさしいピンクを施した花祭壇もある様です。
葬儀の花といえば菊をイメージする人も多いですが、今はそういった事にこだわり過ぎず、思い入れがあるのであればそういった希望を取り入れた花を使うことも多くある様です。結婚式同様、きまりはないのです。
最近ではこういった葬儀業界にもプザーブドフラワーが見られる様になってきた様です。ただし、使い回しというわけにもいかないので、どういったところで使うかということが問題になってきます。
葬儀場に行けば、まずは看板のところに花が飾られ、受付やお焼香台に飾られ、花輪や盛り花など至る所に花が飾られます。棺の中にも最後は花を。。。人生最後の別れは多くの花に彩られるのです。心に残る切ないシーンではありますが、葬儀でも花は欠かせないものなのかもしれません。

花というのはこの様に人生の中でたくさんのシーンを彩るものかもしれません。
何気なく散歩している道に咲く桜にこころ奪われるかもしれないし、辺り一面の芝桜に心癒されるかもしれません。部屋に飾った一輪のバラに心ほっとするかもしれません。人と同じ様にこの地球に活きている花は人にやさしいですね。人も花にやさしくありたいものです。
人は花束を贈ったり、贈られたり、、、何気ない生活の中でそんなこともあるでしょう。花束の贈り物は贈る人も贈られる人もうれしいものです。それが誕生日であったり、結婚記念日であったり、成人式であったり、新築祝いであったり、花が様々なシーンでお祝いを盛り上げてくれるものです。お見舞いの様に心励ましてくれることもあります。葬儀の様に心を慰めてくれることもあります。花はしゃべることはありませんが、その時の人の気持ちを知っているのかもしれません。華やかな場所では人の心を盛り上げ、悲しい場所では人の心を慰めるのです。
笑顔のシーンでも涙のシーンでも花が人の心を包んでくれるのかもしれません。

recommend

最終更新日:2015/3/11